カワウソ速報

ようこそ!!カワウソ速報は主に日常ニュースから芸能、政治、スキャンダラスな事から2chの話題スレや面白スレ、笑えるスレまでここを見ればすべての記事がまとめられています!最新ニュース随時更新!カワウソ速報のTwitterは最新ニュースの配信もしているので是非フォローをお願いしますね(^^♪

    カテゴリ:



    1 記憶たどり。 ★ :2021/03/17(水) 09:03:42.25

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e2b0558333596d7a4ccae01a13ac6761c6d90c

    政府は、新型コロナウイルス対策として首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言について、期限の21日で解除する方針を固めた。
    18日に専門家の意見を聞いた上で、政府対策本部で解除を正式決定する運びだ。実現すれば、宣言は約2か月半で全面解除に
    こぎつけることになる。

    複数の政府関係者が16日、明らかにした。菅首相は17日に田村厚生労働相や西村経済再生相ら関係閣僚と協議し、
    全面解除の考えを確認する見通しだ。翌18日、専門家でつくる基本的対処方針等諮問委員会に解除の方向を示す。

    1都3県の感染状況を示す指標は、解除に向けた基準を満たしており、政府内では解除論が大勢を占める。
    ただ、新規感染者数の下げ止まりが感染再拡大への懸念材料となっている。閣僚の一人は16日、
    「宣言の効果が薄れている。解除で一度、仕切り直さないといけない」と述べた。

    政府はこれまで、予定通り21日で解除できるかどうかを慎重に見極めていた。首相は16日、東京都内で記者団に
    「病床使用率など客観的な数字を参考にしながら、専門家の意見を聞く中で判断したい。もうしばらく時間をかけたい」と語った。

    政府は宣言解除に合わせ、感染再拡大の防止策として〈1〉ワクチン接種の推進〈2〉変異したウイルス対策の強化
    〈3〉監視のための検査拡充〈4〉医療提供体制の充実――を打ち出す予定だ。


    【【悲報】政府、緊急事態宣言21日解除へ。「効果薄れた…。仕切り直しだ」】の続きを読む


    【小泉進次郎環境相提案】「瀬戸内海のごみで国産スニーカーを製造したらどうか


    NO.9322643
    小泉進次郎環境相「瀬戸内海のごみで国産スニーカーを製造したらどうか」
    小泉進次郎環境相「瀬戸内海のごみで国産スニーカーを製造したらどうか」
     豊かな海づくりを掲げる瀬戸内海環境保全特別措置法(瀬戸内法)改正案が国会に提出された。法案の担当大臣で、菅政権で気候変動問題を担う小泉進次郎環境相に改正の狙いや背景を聞いた。

     ―海に対する思いを聞かせてください。

     地元は太平洋に面した神奈川県横須賀市。幼い頃から元気をもらった。大人になっても嫌なことがあったり、ストレスがたまったりした時は地元の海に行って力をもらっている。

     2019年9月に環境相となり、即動かねばと思ったのは気候変動対策。このままだと海面上昇などで国内の砂浜の8割が消える。瀬戸内海は今世紀末に水温が3、4度上がるとの予測もある。生態系に致命的なダメージを与えるだけでなく、国民の命や国家の安全保障につながる。だからこそ改正案の基本理念に気候変動対策を入れた。

     ―重点取り組みに海洋プラスチックごみ対策を入れたのも、その一環ですか。

     海の生き物や、それを餌とする鳥など多くの命を脅かしている。プラスチックは二酸化炭素(CO2)を大量に出す石油から作られる。使い捨てプラスチックを減らせば気候変動対策になり、瀬戸内海はモデル地域になる。閉鎖性海域で外洋から流れ着くごみはほとんどない。地域を挙げて排出抑制をすれば目に見える効果が出る。同時に「アップサイクル」を進めたい。

     ―廃棄物を価値の高い製品に再生することですね。

     国内外のスポーツ用品メーカーは既に海洋プラごみから服や靴を作っている。瀬戸内海のごみで国産スニーカーを製造したらどうか。廃棄物を新たな資源として回す「サーキュラーエコノミー(循環経済)」を..

    【日時】2021年03月14日 15:00
    【ソース】中国新聞デジタル


    【【小泉進次郎環境相提案】「瀬戸内海のごみで国産スニーカーを製造したらどうか】の続きを読む


    【黒歴史】GACKTが決して触れたがらない、滋賀育ちを隠す?


    NO.9323203
    GACKTが決して触れたがらない“黒歴史” なぜ滋賀育ちを隠す?
    GACKTが決して触れたがらない“黒歴史” なぜ滋賀育ちを隠す?
     俳優の川崎麻世が5日、公式ブログを更新し、親交のあるミュージシャンのGACKTから豪華な誕生日プレゼントが届いたことを報告した。

     川崎は1日が誕生日。高級キャビアで18グラム入りの瓶が1万3608円(専用粧箱は別売り)という高級品。川崎は「絶滅を防ぐために50年間世に出ることのなかった逸品で 世界一小さいチョウザメのキャビアらしい」とその希少価値に言及した。

     「テレビ朝日系『芸能人格付けチェック!』で完璧な回答を連発するGACKTならではの粋なプレゼント。現在はマレーシアに移り首都・クアラルンプールの豪邸に住む。いかにもセレブという雰囲気を漂わせている」(芸能記者)

     とはいえ、先月は愛犬を里子に出す様子をYouTubeで配信。本人にまったく悪気はなかったが、愛犬家たちから批判を浴び炎上。おそらく、思い出したくもない“黒歴史”になってしまったかもしれないが、決して触れたがらない“黒歴史”もあるという。

     発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、幼少時代を含め10代を滋賀県で過ごしているが、決して滋賀の固有名詞を口にしたがらないのだとか。

     高校時代の同級生によると、現在は“モテキャラ”で売っているが、高校時代はまったくモテず。さらに、当時と今では顔がまったく別人のようになってしまったというのだ。さらに、ライブの地方公演も行っている中、滋賀では一度もライブを行っていないという。

     「以前、高校の卒業アルバムが流出していたが、ビジュアルはあか抜けておらず、ごく普通の名前の本名までバレてしまった。プロフィールでは出身地は沖縄になっている」(テレビ局関係者) ..

    【日時】2021年03月14日 20:00
    【ソース】リアルライブ
    【関連掲示板】


    【【黒歴史】GACKTが決して触れたがらない、滋賀育ちを隠す?】の続きを読む


    【経済】「時短しない店」は満席“屋外飲み”100人超も


    NO.9323599
    「時短しない店」は満席“屋外飲み”100人超も
    「時短しない店」は満席“屋外飲み”100人超も
    緊急事態宣言の期限まであと1週間となった14日、東京都では239人の感染者が確認され、6日連続で前週の同じ曜日を上回りました。こうした中、街の人出は驚くほど増加しています。

    ▽「我慢していられない」
    ディレクター「すっごい人だね、しかし」
    1都3県への緊急事態宣言が再延長されて初めての週末。夜の街には、溢れかえるような人出が‥
    街の声「我慢していられないです。菅総理に言いたい」

    14日の東京の新規感染者数は239人。1週間ごとの平均で、東京都は前週の70%以下に抑えることを目指していますが、下げ止まりどころか今や増加に転じています。
    街の声「解除しない方がいいと思う」「私は解除してもいいと思います」「なんか結局、医療は大変じゃないですか」「結局その飲食店の経営者さんとかも大変だし」

    緊急事態宣言を再延長したことで、人出を抑えることはできたのでしょうか。スマホの位置情報をもとにしたデータでは、再延長した後に“夜の人出”が増加したところもあります。細かく見てみると、午後8時までの時短要請にもかかわらず、渋谷では午後9時、上野と三軒茶屋では午後10時という遅い時間が最も増えていることが分かりました。

    ▽夜の上野
    佐々木アナ「午後8時をすぎました、上野駅前です。このあたりかなりの数のお店が営業を続けています。商店街の中はお互いの肩がぶつかってしまいそうなほど、非常に多くの人が行き交っています」
    そこには、緊急事態宣言下とは思えない光景が広がっていました。
    「こちらの店は満席ですね。店の前には入店を待つ人の列もできています。」
    午後8時を過ぎても営業を続..

    【日時】2021年03月14日 12:30
    【ソース】テレ朝news


    【【経済】「時短しない店」は満席“屋外飲み”100人超も】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2021/03/15(月) 07:36:42.20

     「誰かに言われてから(値下げを)やるのではない。NHKは自主自律。自分で決めて自分でやる」

     1月13日、東京・渋谷の放送センター。この日、2023年度に受信料を値下げすると発表したNHKの前田晃伸会長は、こう強調してみせた。だが、昨年8月の会見では、受信料は3年間据え置くと説明していた。わずか5カ月後の大きな方針転換の裏には何があったのか――。局内外からいぶかしむ声が聞こえている。
    【連載】NHK受信料 引き下げはなぜ決まったか?(全2回)のページへ
     NHKは2023年度に受信料を引き下げる方針を決めました。なぜ引き下げを決断したのでしょうか。2回にわたってその舞台裏に迫ります。今回は第1回です。
     NHKが昨年8月に発表した中期経営計画案では、受信料を21~23年度の3カ年据え置く方針を掲げていた。20年10月に地上波だけの契約で月額35円、衛星放送も見られる契約で60円を値下げ予定だったことを理由に、早期の再値下げには後ろ向きだった。ある幹部は「手を抜いて質のいいものはできない。質が下がれば、視聴者はNHKを見なくなるうえ、受信料が高いと感じる」。また、昨年12月の定例会見で、前田会長は「物事には順番がある」「値下げできる環境を整える」と語っていた。

    武田総務相のNHKへの攻勢、かつての首相と重なる姿
     だが、昨年9月の菅義偉政権の…(以下有料版で,残り1863文字)

    朝日新聞 2021年3月15日 7時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASP395DVPP2BUCVL032.html?iref=comtop_7_01


    【【経済】政治圧力あった? NHK受信料、5カ月で方針転換の裏 [蚤の市★]】の続きを読む

    このページのトップヘ