カワウソ速報

ようこそ!!カワウソ速報は主に日常ニュースから芸能、政治、スキャンダラスな事から2chの話題スレや面白スレ、笑えるスレまでここを見ればすべての記事がまとめられています!最新ニュース随時更新!カワウソ速報のTwitterは最新ニュースの配信もしているので是非フォローをお願いしますね(^^♪

    カテゴリ:


    【超悲報】酔って路上に寝ていた大学生がひき逃げされて死亡 自首した44歳男を逮捕


    NO.9270620
    酔って路上に横たわっていた大学生がひき逃げされて死亡 自首した44歳男を逮捕
    酔って路上に横たわっていた大学生がひき逃げされて死亡 自首した44歳男を逮捕
    2月17日早朝、神戸市内の路上で男子大学生が車にはねられ死亡した事故で、警察はひき逃げなどの疑いで飲食店経営の男を逮捕しました。

    ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、神戸市の飲食店経営・池田康弘容疑者(44)です。

    警察によりますと、池田容疑者は2月17日午前4時半ごろ、神戸市中央区の路上で、神戸市の男子大学生・高井聖さん(22)を車でひいて死亡させ、そのまま走り去った疑いがもたれています。

    警察によりますと、高井さんは直前に友人らと飲食店にいて、酔って路上に横たわっていたところをひかれたということです。

    池田容疑者は帰宅後に知人から事故の話を聞き自首したということで、警察の調べに対して「何かを踏んだのは確か。人だという認識はなかったが、事故のことを聞いて人だったと思った」などと話しているということで、警察は詳しい状況を調べています。



    【日時】2021年02月20日 11:15
    【ソース】MBSニュース
    【関連掲示板】


    【【超悲報】酔って路上に寝ていた大学生がひき逃げされて死亡 自首した44歳男を逮捕】の続きを読む


    【願い叶わず】SNSに死にたいと書いた女性誘い、刺した容疑 31歳を逮捕


    NO.9271229
    SNSに死にたいと書いた女性誘い、刺した容疑 31歳を逮捕
    SNSに死にたいと書いた女性誘い、刺した容疑 31歳を逮捕
    ネット交流サービス(SNS)に死にたいと書き込んだ女性の依頼に応じて殺害しようとしたとして、愛知県警は20日、住所不定、無職、秋山雄哉容疑者(31)を嘱託殺人未遂容疑で逮捕した。

    県警は、自殺願望につけ込み、金銭目的で近づいた可能性もあるとみて調べている。

    逮捕容疑は2020年11月21日夜、名古屋市北区の名城公園で、ツイッターに「自分を殺してほしい」という趣旨の投稿をしていた同市中区に住んでいた女性(19)に依頼され、女性の腹を包丁で刺し、殺害しようとしたとしている。

    女性は軽傷だった。

    秋山容疑者は「(刺した)行為は間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。

    県警によると、秋山容疑者は事件の2日前から女性とメッセージのやりとりをし、関東方面から愛知県内に移動。

    2人で女性の車に乗って包丁を購入するなどし、殺害の準備をしていた。

    女性は秋山容疑者に刺された後に思いとどまり、近くを通りかかった人に助けを求めたという。

    秋山容疑者は現場から立ち去っていた。

    SNSを利用した同種の事件では、17年に神奈川県座間市のアパートで若い男女9人が殺害された事件がある。

    白石隆浩死刑囚(30)はツイッターに「死にたい」と書き込むなどした若者をターゲットにし、金銭や性的暴行目的で誘い出して殺害。

    今年1月に死刑が確定した。



    【日時】2021年02月20日 12:30
    【ソース】毎日新聞


    【【願い叶わず】SNSに死にたいと書いた女性誘い、刺した容疑 31歳を逮捕】の続きを読む


    【スポーツ】大坂なおみ 全豪OP2年ぶり優勝、四大大会4度目の制覇。


    NO.9270615
    大坂なおみ 全豪OP2年ぶり優勝、四大大会4度目の制覇。圧巻のプレー披露でストレート勝ち
    大坂なおみ 全豪OP2年ぶり優勝、四大大会4度目の制覇。圧巻のプレー披露でストレート勝ち
    テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、女子シングルス決勝が行われ、第3シードの大坂なおみが第22シードのJ・ブレイディ(アメリカ)を6-4,6-3のストレートで破り、2019年以来2年ぶり2度目の優勝を果たすとともに、四大大会4度目の制覇を成し遂げた。

    この試合、2本のサービスエースを決め第1ゲームをキープするなど好調な立ち上がりを見せた大坂がサービスゲームのキープを続けていく。

    第4ゲームではブレイディが2度のダブルフォルトを犯した隙を突き、この日初めてのブレークに成功するも、直後の第5ゲームでブレークバックを許す。

    それでもストローク戦で徐々に主導権を握り始めた大坂が第10ゲームでブレークを奪い第1セットを先取する。

    第2セットに入ると勢いの増した大坂が第2ゲームで先にブレークに成功。

    第5ゲームではこの試合2度目のブレークを許したものの、その後は強烈なサービスを武器にブレイディに反撃の機会を与えなかった大坂がタイトルを手にした。

    22日付の世界ランキングでS・ハレプ(ルーマニア)を抜き同2位に浮上することが決まっている大坂。

    今回の大会制覇で2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、2019年の全豪オープン、2020年の全米オープンに続き、4度目となる四大大会のタイトル獲得となった。

    一方、敗れたブレイディは四大大会初めての決勝の舞台に駒を進めたものの、初の栄冠に輝くことはできなかった。



    【日時】2021年02月20日 19:03
    【ソース】tennis365.net
    【関連掲示板】


    【【スポーツ】大坂なおみ 全豪OP2年ぶり優勝、四大大会4度目の制覇。】の続きを読む



    1 ボラえもん ★ :2021/02/21(日) 08:53:43.16

     19日の衆院審議で京都選出の自民党国会議員が国債発行を取り上げ、新型コロナウイルスが収束するまでは増発分を経済対策の財源に充てるよう訴えた。

     コロナ拡大以降、一貫して積極的な財政出動を政府に提案してきた安藤裕議員(京都6区)は内閣委員会で、
    国民1人当たり10万円を配った特別定額給付金も全額を国債で賄ったとし、
    「国債を発行すると新しいお金が誕生し国民を豊かにできる。政府の財政赤字は国民の黒字だ」と力説。
    コロナ禍で多くの企業や雇用が失われる経済崩壊を防ぐには「大胆な対策を打つ必要がある」と繰り返し強調した。

     特に幅広い商品やサービスに課される消費税について
    「生きることに課税しているに等しい。税制としてあるべき姿か」と疑問を呈し、
    時限措置での消費税減税を西村康稔経済再生担当相に提案した。

     ただ財政法は赤字国債の発行を原則認めておらず、発行には特例法の改正が必要になる。
    コロナの影響で増発が避けられない2021年度から5年間延長する改正案を審議した財務金融委員会では、
    本田太郎議員(京都5区)が「緊急時には必要な額の歳出を躊躇(ちゅうちょ)なく行うべきだ。
    よもや財政再建を優先して経済が崩壊したり、国民が路頭に迷うようでは本末転倒だ」と指摘した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd2bcb446191fc9ada2c9da1e4caa6eb199dae0a


    【【朗報】安藤裕議員「国債を発行すると新しいお金が誕生し国民を豊かにできる。政府の財政赤字は国民の黒字だ」】の続きを読む


    【菅政権】デジタル化は無駄遣い! 12億円のシステム導入も感染者集計は手作業。


    NO.9267814
    菅政権のデジタル化は無駄遣い! 12億円のシステム導入も感染者集計は手作業、さらに73億円使って五輪観客アプリの開発を続行
    菅政権のデジタル化は無駄遣い! 12億円のシステム導入も感染者集計は手作業、さらに73億円使って五輪観客アプリの開発を続行
    菅義偉首相が政権の看板に掲げる「デジタル化」。

    つい先日も、今年9月1日に菅首相をトップにデジタル庁を発足することなどを定めたデジタル改革関連法案を閣議決定したばかりだが、そんななか、開いた口が塞がらないような事実が判明した。

    新型コロナの新規感染者の情報について、厚労省は毎日発表しているが、なんと、それをいまだに手作業で集計しているというのだ。

    この信じられないアナログぶりが明らかにされたのは、17日の衆院予算委員会でのこと。

    この日、立憲民主党の尾辻かな子衆院議員は「厚労省では、夜の0時を過ぎた時点で委託した会社の従業員が47都道府県のHPを見て、目視・手集計で新規感染者数を出しているのか」と質問をおこなった。

    台湾では第1波の最中にマスクの在庫を一目で確認できるアプリを素早く開発し注目を集め、「それにくらべて日本は……」と嘆く向きもあった。

    だが、新型コロナの発生から1年以上も経ち、まさか新規感染者の集計を手作業でおこなっているだなんて、そんなバカな話があるわけがない。

    そんなふうに笑っていたら、なんと答弁に立った厚労省の正林督章健康局長は「はい。そのとおりでございます」と答えたのである。



    【日時】2021年02月19日 14:10
    【ソース】LITERA


    【【菅政権】デジタル化は無駄遣い! 12億円のシステム導入も感染者集計は手作業。】の続きを読む

    このページのトップヘ