カワウソ速報

ようこそ!!カワウソ速報は主に日常ニュースから芸能、政治、スキャンダラスな事から2chの話題スレや面白スレ、笑えるスレまでここを見ればすべての記事がまとめられています!最新ニュース随時更新!カワウソ速報のTwitterは最新ニュースの配信もしているので是非フォローをお願いしますね(^^♪

    2021年04月


    【悲報】コロナ解雇10万人超え 大都市中心、飲食業多く


    NO.9382510
    コロナ解雇10万人超え 大都市中心、飲食業多く
    コロナ解雇10万人超え 大都市中心、飲食業多く
    厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めで仕事を失った人が、7日時点で見込みを含めて累計10万425人になったと明らかにした。東京や大阪など大都市圏が中心で、飲食業や製造業で多かった。

     政府は企業への支援策の要としている雇用調整助成金の特例措置を5月から原則として段階的に縮小する方針で、これまで雇用を維持してきた企業が新たに雇用調整に踏み切る可能性がある。雇用情勢は今後悪化の恐れもある。

     集計は昨年2月から厚労省が実施。各地の労働局やハローワークが把握したケースに限られるため、実際はもっと多いとみられる。



    【日時】2021年04月08日 09:16
    【ソース】共同通信


    【【悲報】コロナ解雇10万人超え 大都市中心、飲食業多く】の続きを読む


    【原発】「もう何も信用できない」 処理水海洋放出、憤る福島県漁業者


    NO.9386936
    「もう何も信用できない」 処理水海洋放出、憤る福島県漁業者
    「もう何も信用できない」 処理水海洋放出、憤る福島県漁業者
    東京電力福島第1原発の処理水を巡り、政府が海洋放出の方針を固めた9日、本格操業への移行に向け歩み始めたばかりの県内の漁業関係者からは憤りの声が上がった。政府は風評対策を強化する方針だが、十分な説明がないまま進む政策決定に、県内の漁業関係者らは「(対策の)中身が見えない」「信用できない」と不信感を募らせる。

     「風評対策などと支援策を言われても、漁業者は何も信用できなくなっている。とにかく、海洋放出は絶対に反対だ」。小名浜機船底曳網漁協所属の「第3政丸」船主志賀金三郎さん(74)は、政府の方針に声を荒らげる。

     原発事故前には茨城県沖など他県での漁も行っていたが、原発事故後は他県での操業を自粛。いわき市沖で漁を続けてきたが水揚げ量は少なく、今月始まった本格操業への移行に大きな期待を寄せていた。「水揚げ量を拡大し、消費者の皆さんにおいしい魚を届けようとしているのに、なぜ今なのか」と憤る。

     不信感の背景には、政府の不十分な説明に加え、相次ぐ東京電力の不祥事がある。「これまで漁業者がどれだけ苦渋の決断をしてきたのか理解されていない。処理水を海に流されたら、福島の魚介類はまた敬遠されてしまう」

     アサリ漁に携わる相馬双葉漁協松川浦地区代表の菊地寛さん(75)は「漁業関係者の話を聞かずに、よくやるものだ。風評対策をするといっても、中身が見えない」と怒りを込める。

     震災前、全国的な青ノリの産地だった松川浦。県外のノリ買い取り業者と、地区の代表として懇談したときの言葉が数年たっても忘れられない。「(本県産は)いりません」..

    【日時】2021年04月10日 09:45
    【ソース】福島民友新聞


    【【原発】「もう何も信用できない」 処理水海洋放出、憤る福島県漁業者】の続きを読む


    【芸能】島田紳助氏の極悪メール…“枕営業”に応じた女性タレント実名も


    NO.9386788
    島田紳助氏の極悪メール…“枕営業”に応じた女性タレント実名も
    島田紳助氏の極悪メール…“枕営業”に応じた女性タレント実名も
    ■島田紳助氏の極悪メール…“枕営業”に応じた女性タレント実名も
    金持ちキャラで一時大ブレークしたモデルでハーフタレントのマリエが暴露した〝島田紳助さんの枕営業強要疑惑〟。業界内では「やっぱり…」の声が噴出している。

    全盛期の島田紳助氏をよく知るテレビ制作スタッフが言う。

    「当然、紳助さんが狙っていたのはマリエだけではありません。紳助さんの番組に出ていた女性タレントの大半は『一度は口説かれたことがあったのでは?』というレベル」

    当時、この制作スタッフは、紳助氏からこんなメールを受け取っていたという。

    《自分は今夜、〇〇という空母にランディングする予定であります。さてソフトランディングとなるか、ハードランニングとなるか(笑い)》
    自身を戦闘機に例え、〇〇には「枕営業」に応じた女性タレントの実名が入っていたというのだ。

    ■紳助氏が共演者を誘うのを事務所も“黙認”
    「マリエが枕営業に応じていれば、《マリエ空母に無事着陸できました》なんてメールが回ってきていたはずです。これだけおおっぴらにやっていたんですから、マリエの暴露も、正直『何を今さら…』って感じです」(同)

    マリエがそうだったように、枕営業を断った女性タレントたちは、紳助氏の番組から〝卒業〟させられたそうだ。

    「当時、紳助さんが共演者を誘うのは日常茶飯事で、誘われるタレントも、タレントの事務所も暗黙の了解のような雰囲気だったのは確かです」(芸能事務所関係者)

    このことも、マリエの暴露と一致する。

    「誘いを断ったマリエが事務所に相談すると、かばってもらえるどこ..

    【日時】2021年04月09日 15:59
    【ソース】週刊実話Web


    【【芸能】島田紳助氏の極悪メール…“枕営業”に応じた女性タレント実名も】の続きを読む



    1 Anonymous ★ :2021/04/10(土) 10:31:55.63

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3004628/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


     芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、公式サイトで芸人・出川哲朗(57)を巡る一連の疑惑に関して「お騒がせしているような事実はない」と否定した。

     ここ数日、ネットを中心に話題沸騰中だったマリエの告白を受けて、ついに当事者が口を開いた。マセキの柵木秀夫社長名義で「今回の騒動について」というコメントを発表。

    「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。改めてお騒がせしたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます」と事実無根だとした。

     騒動の発端は4日夜、マリエが10代のころ、引退した島田紳助氏から肉体関係を持ち掛けられたとインスタライブで暴露。出川らもその場にいて、紳助氏と肉体関係を結ぶようマリエ本人に勧めたという。断ったところ、紳助氏が絡む番組に出られなくなったという、衝撃の話だった。マリエの怒りは出川らにも向いており「出川さんがCMに出てるのがマジ許せない!」としていた。

     ネットで話題沸騰しているとはいえ、あまりにも〝闇〟が深すぎるため、当事者はスルーするかと思われたが、出川が先陣を切って否定コメントを発表した。その背景にあるのはCMだ。

    「抱かれたくない男の代表格だった出川だが、近年は『イッテQ!』などの出演でファミリー人気が高まり、CM出演は多数あります。昨年には経済産業省のプロジェクト『のろーよ!デンドー車いす』のアンバサダーに就任するなど、国の仕事を任されるまでになったのです。しかし“マリエショック”でスポンサーが反応し、実は水面下でCMが止まったようなのです。これらスポンサーへの説明責任を果たすために、否定コメントを発表せざるをえなかった」(芸能プロ関係者)

     ただしコメントを出したことで、一連の騒動が表沙汰になったとも言えるが…。

    前 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618014564/


    【【やばいよやばいよ】出川哲朗、“マリエショック”でスポンサーが反応し、CMが止まっていた!? スポンサーへの説明責任を果たすため慌てて否定】の続きを読む


    【悲報】セブン‐イレブン 明け渡し拒否の店駐車場に対抗措置として仮店舗の工事を開始 東大阪


    NO.9367770
    セブン‐イレブン 明け渡し拒否の店駐車場に対抗措置として仮店舗の工事を開始 東大阪
    セブン‐イレブン 明け渡し拒否の店駐車場に対抗措置として仮店舗の工事を開始 東大阪
    「セブン‐イレブン」のフランチャイズ契約の解除の理由をめぐって、24時間営業を自発的にやめた東大阪市の店舗の元オーナーと本部が対立している問題で、本部側は1日、店舗の明け渡しを拒んでいる元オーナーへの対抗措置として、この店舗の駐車場に別の仮店舗を設置する工事を始めました。

    「セブン‐イレブン」の東大阪市の店舗の元オーナーで営業時間を自発的に短縮したあと、本部からフランチャイズ契約を解除された松本実敏さんは、不当な意趣返しだと主張して裁判を起こしたのに対し、本部側も契約解除は接客態度の苦情が多いことなどが理由だとして、逆に松本さんに店舗の明け渡しを求める訴えを起こしています。

    双方が対立したまま裁判が続く中、本部側は1日、この店舗の駐車場に別の仮店舗を設置する工事を始めました。
    本部側は周辺の住民からオーナーを変更して営業を再開することを希望する声があるとして、土地も本部が地主から借りているので、工事に踏みきったと説明しています。

    一方、工事の様子を確認にきた松本さんは、「前代未聞の強行突破で、『不当な工事はやめてください』『法律のもとで争いましょう』と言いたいです。抗議はしますが、本来の裁判に集中したいので、やらせておくしかない」と話しています。

    【セブン‐イレブン広報担当は】。
    仮店舗の工事について「セブン‐イレブン」本部の広報担当、中田智史さんは、「松本さんには繰り返し任意の明け渡しの話をしたが、最終的に応じてもらえずやむにやまれぬ形となった。裁判所からも正当な権利行使だと聞いていて、地域の皆さんにとって、..

    【日時】2021年04月01日 11:48
    【ソース】NHK


    【【悲報】セブン‐イレブン 明け渡し拒否の店駐車場に対抗措置として仮店舗の工事を開始 東大阪】の続きを読む

    このページのトップヘ